cotoriのBlog

腸内環境について

 おはようございます。
 
前回、腸内環境は大切ですと書きましたが、
 
まず、腸の役割ですが、
 
僕たちは、食べたものは全部腸で吸収されて、血液になり全身に運ばれ、細胞になります。髪も、肌も、爪も内蔵も、全て食べたもので作られています。
 
 
 
そして、腸内には約120兆個もいるといわれている腸内細菌の善し悪しで決まります!
 
体にとって良い働きをしてくれる善玉菌が多ければ、健康でキレイな腸だと言われていて、この状態を保つと体も健康的だということです。
 
それに反して、悪玉菌が多いと腸内は汚れている、ということになります。
 
善玉菌を増やして悪玉菌を作らない食生活が大切です!
 
 
 
何故なら、免疫の60%が腸のにあると言われているからです。
 
免疫は、身体を守ったり、改善させてくれるものですから、風邪をひきやすかったり、アレルギーが起きたり、頭痛や、疲れが取れない、肌荒れなど、なかなか改善しない不調がらあれば、腸の状態を見直すと良いですよ。
 
どうやって見直すかは、また次で書きます。
 
 
 
美容鍼灸サロン cotori
 
オーナー鍼灸師  松野尋

関連記事

PAGE TOP