cotoriのBlog

水分補給の大切さ

こんばんは、今日も暑かったですね。
 
今年は酷暑で岐阜は40度を越す日も多くて、体調を崩されるお客様も多くとても心配です。
 
また、台風も近づいていますね。
 
災害も各地であり、心の痛いニュースが多いです。今回の台風、無事に通り過ぎてくれることを祈ります。
 
 
 
さて。本日は、水の大切さを少しお伝えします。
 
ことりでは、必ず施術後にお水をとって頂きます。
 
コーヒーでもお茶でもなく水にしています。
 
 
 
僕も、美容や鍼灸の仕事をするまでは、実は水を飲む習慣がありませんでした。
 
なんせ、コーヒーが大好きで1日3.4杯は飲んでいました。
 
しかし、偏頭痛がずっとあり、痛み止めも服用していたのですが、ある時、美容の先生から『痛み止めを飲む前に、水を飲む習慣を取り入れてみたら』と、水の大切さについてコンコンと聞かされました。 その時は半信半疑で、とりあえず水の大切さはわかったけど、長年付き合ってきた偏頭痛は、そんな直ぐには治らないだろうと思っていたのですが、なんと、朝から夜まで、6回ほどに分けて2リットルほどを摂るように心がけてると、1週間ほどで、偏頭痛が治ってきました!
 
さらに続けて、今では偏頭痛がなくなり、痛み止めを飲む事もなくなりした。
 
 
 
僕たちの身体は成人で水分60%ほどで成り立っています。
 
その60%のほとんどが、血液です。
 
要するに、血液は水分も栄養を運びますし、老廃物も運びますから、水を必要な分摂り入れると言うことは、体の循環が良くなると言うことです。
 
 
僕の場合は偏頭痛の改善でしたが、お客様の中には水を全く飲まずに、肌の乾燥を気にされていた方がいらっしゃいましたが、その方にお伝えして、毎日とにかく水を飲む事を習慣にしてもらったところ、乾燥がとても軽減されました。
 
肌も、食べたものや、飲んだもので出来ていますから、体の水分量イコール肌の水分量ですから当然だと言うことです。
 
 
 
まとめるとコーヒーやお茶よりも水を1.5リットルから2リットル摂る習慣を作ること。
 
飲み方は、まとめずに、1日かけてちょこちょこ飲みが良いです。
 
 
簡単な事で、体にも肌にも変化が現れますから是非やってみてください!
 
僕が思うに、量と飲み方で、結果はかなり違いますよ。
 
 
 
以上。
本日もお疲れ様でした。
 
 
 
美容鍼灸サロン cotori
 
オーナー鍼灸師  松野尋
 

関連記事

PAGE TOP